免疫性の炎症(SLE, エリトマトーデス、筋肉炎)、肝炎、胆嚢炎の漢方薬治療

トイプードルのメイちゃんは、10歳。
7歳の時、胆嚢の泥や石で、手術をしないといけないといわれ、(1ヶ月後に手術の予定がはいっていました)
その手術を回避するために来院され、漢方薬で胆嚢の泥や石をとかした経験があります。
ただ今年、原因不明で立てなくなって、SLE, エリトマトーデスで、ステロイド治療しかないといわれ、やはりそれを回避するため再来院されました。
CRP(血中の炎症)がたかく、免疫性の筋肉炎を起こしていたので、漢方薬で治療し、治りました。
同時に、目にも炎症がでて、緑内障になっていたので、それも漢方薬で治療し、良い状態で維持できています。
高齢のため、これから免疫力がもっと落ちてくるので、油断せず、漢方薬で免疫力をあげることは続けたいと思います。
%e3%83%9f%e3%82%a6

漢方治療専門どうぶつ病院
ハルペッツクリニック東京
〒106-0031
東京都港区西麻布3丁目6−3
Tel: 03-6804-3343
Fax: 03-6804-3345
Email: info@harupets-tokyo.com

[総合どうぶつ病院/愛知・春日井]
ハルペッツクリニック
愛知県春日井市柏井町 5-92
http://www.harupets.com