ボクサーのIBD 難治性の下痢

ボクサーのブーちゃんは、5歳。一年前にアメリカにいた時、慢性の下痢になり、IBDとして、コーネル大学で半年間、ステロイドと、免疫抑制剤で治療して、一応下痢はおさまり、日本に来ました。が、また下痢が再発して、漢方薬治療を試しに来られました。比較的、下痢になってすぐ、しかもステロイドもなにも治療せず、すぐ来てくれたので、漢方薬1週間で、下痢は、治りました。ただ、一旦漢方やめて、2ヶ月経って、ストレスがかかると下痢になったので、その後、体質改善として、漢方薬を3ヶ月飲んでもらいました。その後、アメリカに帰っていきました。今回の治療経過と、ブーちゃんの体調の良さをみて、今度また再発するようなことがあっても、もうステロイドとかでなく、漢方薬で免疫力をあげて、治すといってくれています。
IMG_2335

漢方治療専門どうぶつ病院
ハルペッツクリニック東京
〒106-0031
東京都港区西麻布3丁目6−3
Tel: 03-6804-3343
Fax: 03-6804-3345
Email: info@harupets-tokyo.com

[総合どうぶつ病院/愛知・春日井]
ハルペッツクリニック
愛知県春日井市柏井町 5-92
http://www.harupets.com