フレンチブルのアトピー性皮膚炎

フレンチブルのチャーリーちゃんは、まだ生後10ヶ月なのに、アトピー性皮膚炎と診断され、1月間も、ステロイド治療をうけていました。若くからステロイド飲んだら、弱い子になってしまうので、心配で、漢方治療をしに来られました。これも若いので、一ヶ月でよくなりました。もう漢方もやめていたのですが、半年たって、喉の手術をうけたら、手術で免疫力がさがったために、また再発してしまい、漢方治療を再開しました。また一ヶ月でよくなりました。でもこれからは、漢方薬を継続して飲んで、しっかり免疫力をあげておくつもりだそうです。
フレンチブルなど、もともと免疫力に弱いところがある子は、漢方薬で、免疫力を補っておいたほうがよい子も多いです。
治療前
半年後の今

漢方治療専門どうぶつ病院
ハルペッツクリニック東京
〒106-0031
東京都港区西麻布3丁目6−3
Tel: 03-6804-3343
Fax: 03-6804-3345
Email: info@harupets-tokyo.com

[総合どうぶつ病院/愛知・春日井]
ハルペッツクリニック
愛知県春日井市柏井町 5-92
http://www.harupets.com