高齢のフレンチブルのアトピー性皮膚炎

以前にもブログにのせたフレンチブルのおさむちゃんは、9才をこえました。
一歳くらいから皮膚病で、ココ2年くらいは、ステロイドが欠かせない状態でしたが、
漢方薬治療をして、ステロイドがぬけて、半年経ったころの経過です。
残る皮膚の赤みは、精神的な要因だと思われ、精神を落ち着ける漢方を飲んでいます。
気持ちを落ち着けるようにしていきますが、こればかりは、漢方薬により体質改善できるわけでないので、
ゆっくり治療していきます。
高齢になってきましたので、ステロイドの長期内服ですすんだ老化を、少しでもまきもどすことができるよう、
漢方薬で免疫力をあげていく治療をしていきます。

治療前のステロイド依存時

ステロイドぬけて半年後

漢方治療専門どうぶつ病院
ハルペッツクリニック東京
〒106-0031
東京都港区西麻布3丁目6−3
Tel: 03-6804-3343
Fax: 03-6804-3345
Email: info@harupets-tokyo.com

[総合どうぶつ病院/愛知・春日井]
ハルペッツクリニック
愛知県春日井市柏井町 5-92
http://www.harupets.com