月別: 2012年5月

シェパードの下痢と皮膚病

シェパードのレオちゃんは7才。5、6年もお腹が黒い皮膚病と、すぐ下痢してしまい、なかなか太れない、という問題をかかえてきました。
どちらもステロイドがよく効くので、ステロイドで治療していたようですが、それに頼るのも怖かったので、なんとか、
下痢のほうは、お母さんががんばって食事療法して、治ったようです。皮膚はなかなか治らないので、漢方治療をしにこられました。でもよく観察していますと、こんな体が大きいのに、精神的な要因が大きいようですので、そちらの漢方治療をしていきます。昔の飼い主さんに捨てられた子で、今の飼い主さんが愛情深く育てています。それが要因の一つになっているのでしょうね。難しい問題です。
愛知県のハルペッツクリニックもよろしくお願いします。

精神的な皮膚病かな?

パグのハウブーちゃんは3才。1年前から皮膚病で他院にかかっていました。新しいチワワがやってきてから、どうも皮膚の調子が悪く、ステロイドを投与されるのが怖くて、来院されました。漢方薬治療で、若いということもあり、すぐ一か月で治ったのですが、漢方をやめて一ヶ月でまたかゆみができてしまいました。実は精神的な要因の皮膚病がはいっていると推測していましたので、さもありなんということで、また漢方薬を飲んでもらい、これで治らなければ精神の漢方薬治療もしていきます!
いつもおれさま ハウブーちゃん

愛知県のハルペッツクリニックも宜しくお願いします。

糖尿病でも、がんばってます。

柴犬のモコちゃんは、人間が食べるものが大好きです。
8才になって、糖尿病になってしまいました。
なんとかインシュリンをうたずに、漢方薬を飲んで、頑張っています。
でもどうしても人が食べるものが食べたくて仕方ありません。

漢方治療専門どうぶつ病院
ハルペッツクリニック東京
〒106-0031
東京都港区西麻布3丁目6−3
Tel: 03-6804-3343
Fax: 03-6804-3345
Email: info@harupets-tokyo.com

[総合どうぶつ病院/愛知・春日井]
ハルペッツクリニック
愛知県春日井市柏井町 5-92
http://www.harupets.com