健康診断

フレンチブルのパオロちゃんはまだ1才越えた所です。皮膚とか膝とかフレンチブルに多い病気のチェックに来てくれました。
健康そのものでした。体質的にも皮膚病になりにくいことが分かりましたので、安心してよいですよ。
皮膚の弱い子の多いフレンチブルや耳の弱い子が多いラブラドール、ゴールデンなどのレトリーバーなどの犬種は、若いうちに皮膚の体質をチェックして、コントロールしておけば、それら皮膚病に安心して暮らしていくことができます。これは、未病の状態で病気に対する漢方医療の普通の考え方です。

漢方治療専門どうぶつ病院
ハルペッツクリニック東京
〒106-0031
東京都港区西麻布3丁目6−3
Tel: 03-6804-3343
Fax: 03-6804-3345
Email: info@harupets-tokyo.com

[総合どうぶつ病院/愛知・春日井]
ハルペッツクリニック
愛知県春日井市柏井町 5-92
http://www.harupets.com